【共闘】EX6-1「黒紫獣の刻」のSSR英雄武器直泥効率は如何に

EX6-1でSSR英雄武器がドロップするとのことで、数日掛けてのんびりと100連戦(全部自発)してきました。

結果を先に言ってしまうと、徒労に終わってしまいました。今回は敗戦報告となります。

その理由をお話します。

SSR英雄武器直泥狙いの趣旨

先に趣旨を話しますと、「SSR直泥でレプリカ→SSR化の労力を減らせたら素敵じゃね?」という構想の元やりました。

つまり、6-1が英雄武器を作成する上で周回する価値のある狩場かどうかを確かめる。それが今回の趣旨でした。

レプリカをSSR化させるには、軽い素材はともかく、ディアボロス(共闘)やコキュートス(共闘)など討滅戦ボスの素材が必要になります。

これはゼノ系イベントをやっても貯まりますし、現にディアボロスの素材は沢山ありますが、たぶん沢山英雄武器を作ろうとしたら枯渇します。

1つ作るのに古代布40個もちょっと面倒です。個人的には星晶の破片も面倒なんです。

そのめんどくささを飛ばせたら良かったんですけどね。

共闘EX6-1「黒紫獣の刻」100戦

全部自発でM率は8割程度。英雄武器のドロップは金箱からなので、M箱を取る必要はありません。

ただ「幽世の黒紫刃」は自発や赤箱からよく出るので、紫刃が欲しい場合サクッと自発して集めたほうが楽です。

結果としては100戦して3本。ランゲレイク2本とローゼンボーゲン1本という結果になりました。

当時はウキウキしてました。

これでランゲレイク2本とローゼンボーゲン1本の英雄武器を作っていけると思っていましたから……。

EX6-1直泥狙いの落とし穴

完全にうっかりしていました。歩いていたら蓋の空いているマンホールに落ちたレベル。

ドロップする英雄武器は当然無凸です。つまり次の段階へ育てるためにはこれを4本集めないと行けないのです。

通常レプリカ→SSRの手順を踏む場合、凸はSR時点で行っていますからね。SSR直泥だと凸の作業が残っているのを忘れていました。

これだけ沢山バリエーションがある中、4本集めるのに一体どれだけの時間が掛かるのだろうか。

これならレプリカを大量に集めて強化していく方が楽でしょう、といった印象を受けました。

結論

EX6-1「黒紫獣の刻」でSSR英雄武器直泥を狙うのは労力に見合わないと思われます。

高ランクで集まってサクサク回したら分かりませんけど…。

一応予定としては、次共闘の半額が来たら高ランクで「英雄武器直泥狙い」募集を掛けてみることにしますが、あまり期待はしておかないようにします。

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大