【英雄武器】ルナティックブルーム(光) 黒猫道士の使用感&第2スキルおすすめ

本日は英雄武器「ルナティックブルーム」並びに「黒猫道士」の使用感、第2スキルにどれを選ぶのが良いか、実際運用しましたので考えていきます。

結論を言うと、強いです。黒猫道士。

一言で表すなら「奥義の撃てる賢者」ですね。

ただ力を発揮させるにはどうしてもルナティックブルームが求められてくるので、そういう意味では敷居はちょっと高い模様。

黒猫道士 取得条件

  • 称号
  • カピラヴァストゥ(属性変更)
  • 賢者の証×20
  • JP3000

黒猫道士を取得する為には以上の4点が必要になります。

称号は、メインクエスト63章「彼女の幸せ」→旧王都メフォラシュに発生する「老猫の妙技」をクリアで入手。

カピラヴァストゥに関しては、「複製品の交換」で「カピラヴァストゥ・レプリカ」を交換し玉鋼×3で凸後、「英雄武器の作成」で順々に強化していきましょう。

属性変更までの累計素材で躓きやすいものは「古代布×40」「星晶の破片×320」「碧空の結晶×25」「銀天の輝き×3」「共闘EX素材×90」辺りでしょうか。

古代布は、旧王都メフォラシュの「古物商のプライド」が定番です。

星晶の破片はショップ交換で星晶の欠片をコツコツ変換していれば余裕で貯まります。星晶の欠片がなければ塊を欠片に変換する作業も大事。

【素材集め】虹星晶の集め方(おまけ:星晶の欠片の集め方)

碧空の結晶、銀天の輝きについてはこちらを。誰でも出来るものを挙げるなら、ジー・オーダー・グランデ討伐戦です。

自発なら銀天が出ますし、自発でも救援でも参加すればたまに碧空の結晶が出ます。

【素材集め】碧空の結晶の集め方

【素材集め】銀天の輝きの集め方

ルナティックブルーム作成素材について

目新しい素材は「幽世の黒紫刃」と「賢者or騎士の誇り」くらいでその他については今までとあまり変わらず。

天司のアニマや~星の輝きは、天司やマグナHLにちょちょいと救援に入ればすぐに集まります。

「幽世の黒紫刃」はパンデモニウム最終階層「黒紫獣の刻」でのみドロップ。通称6-1。

自発赤箱やM赤箱からが出易いので、手っ取り早く刃を集めたいなら自発がオススメです。自発100戦9割M赤箱を取得した時は60個落ちました。

【共闘】EX6-1「黒紫獣の刻」のSSR英雄武器直泥効率は如何に

「賢者or騎士の誇り」はパンデモニウム最終階層ならどこでも落ちますが、せっかくなら「終焉ノ刻」で集めると、ついでに「アスタロトのアニマ」も集まるのでオススメ。

アスタロトのアニマは第2スキルを付ける度に10個要求されるので、全属性ルナティックブルーム作りたーいなんて時の為に集めておくと良き。

アスタロトは結構強いので、専用に編成を組んでおいた方がサクサク回れるかも。共闘アイテムが使えるので、強いというよりはしぶとくて面倒。

【共闘EX6-2】終焉ノ刻 アスタロト攻略

カピラヴァストゥ 変更先属性 考察

カピラヴァストゥの属性=ルナティックブルームの属性なので間違えないように。

おすすめ変更先は「」「」です。

次点で「」「」だと考えています。

黒猫魔道士は賢者の強力なバフ(連撃率UPや防御力UP)を引き継いでいるため、渾身維持や連撃率の少ない編成で非常に役に立ちます。

背水維持にも役に立つ、といった意見も耳に入りますが、個人的にはやはり渾身維持の為の運用がベスト。

もし背水維持として運用するなら、HPが減るまでブラックチャームを封印し、背水が十分発動してからブラックチャームを発動し維持していくといいですね。

黒猫魔道士は残存MPによって追撃が発動したり、奥義威力が上がったりするのでブラックチャームを封印した運用も考えられます。

ジョブの役割上アルバハHLには連れていけないので、仮想敵は古戦場100HELLとして話を進めます。



「ルナティックブルーム(光)」

マグナ編成(おすすめ)

光マグナの弱点である「連撃率」のカバー、黒猫バフによる「渾身維持」が容易になる上、光属性には優秀な杖得意キャラが多いので、サブにオメガ杖を入れることでより強力な編成を組めます。

最終フュンフやリミテッドイオ、クラリス(あと一応最終サルナーン)の中から2人+最終ソーンが鉄板のオメガ杖パ。回復は十二分に揃っており、黒猫バフも合わされば渾身維持は容易。光マグナの弱点をしっかりカバーできる良い組み合わせだと思います。

私も1本目は光にしましたが、古戦場ではかなり快適です。

ゼウス編成

マグナ同様、渾身維持が容易になる面で強力。

ガンバンテインの本数によっては、連撃率UPの有難味がマグナより薄れることくらい。

神石編成では黄龍刀の属性バフが特に有効に発揮するため、回復系アビリティを多く持つ杖オメガパとも相性が良い。

完全体ゼウスマンは黄龍刀のバフがなくとも簡単に上限に行くと耳にしたけども。雲の上の話なので辞めましょうか。

「ルナティックブルーム(風)」

マグナ編成(おすすめ)

こちらもつい最近「方陣渾身武器」が追加されました。風パの杖得意の主要キャラとしては最終レナ、アンチラ等が挙げられます。

特にアンチラに関しては来年の最終上限解放によってはアニラ同様大躍進する可能性もありますので、風杖パの伸び代は十分にあります。

風は十天衆の最終シエテ、ニオがすこぶる優秀なので、無理に杖パにせずとも最終シエテ、最終レナ、最終ニオの黒猫魔道士渾身編成にしても非常に強そうです。

火力だけなら風剣オメガパ(最終シエテ、水着ジャンヌ、最終ニオ)の方が強いかもしれませんが、先述した黒猫編成なら渾身維持が容易、安定度が段違いなので差別化は出来ると思います。

古戦場100HELLは被弾が厳しいので、そういった条件下では黒猫に軍配が上がるのではないかと。

「ルナティックブルーム(水)」

マグナ編成

光マグナ同様、弱点である連撃を補えるのが強み。

が、渾身がないため、黒猫のウリである堅牢さが他属性と比べてぱっとしない。

ヴァルナ編成

連撃率はミュルグレスがあるため、光ほどの恩恵はないが渾身スキルがメインとなるため、被弾を抑えられる黒猫バフは優秀。

最終カトル、ウーノが強力なため、黒猫/カトル/ウーノ/もう一人 といった編成にするとなるとオメガ武器との食い合わせが悪く、非オメガ編成にならざるをえない。

ただ、ウーノもカトルも倍率の高い攻撃アビリティを持っているので、出来ればオメガ武器を入れてアビリティダメージ上限を上げたいんですよね。

ここら辺が微妙に食い違う要因で、光や風よりワンランク下げた要因ですね。

光は無理なく杖パ運用が可能ですし、風パは最終シエテ/最終レナ/最終ニオのパーティでも攻撃アビリティはシエテとレナの1つずつ。

レナの1アビは倍率低いので、そもそもアビリティ上限UPさせても撃たない。連撃率はカバー出来ている、アビリティ上限も要らない、ならオメガ武器なくてもいいんです。

といったように風黒猫も光黒猫も、無理なくオメガ武器が使えるorオメガ武器無くても痛手じゃない理由があるのですが、水はその点でちょっと食い違っちゃうんですよね。

「ルナティックブルーム(土)」

マグナ編成

マグナに渾身武器が追加されたので、アリです。

土マグナも連撃率が課題となっていますので、連撃率を上げられて且つ渾身維持に一役買える黒猫はそう相性悪いわけではないと。

土も最終十天衆サラーサ、オクトーが強力。しかし黒猫/サラーサ/オクトーでは武器種バラバラ。

渾身維持を考えると、回復兼バッファーとして最終ヤイア(SR)が編成に食い込みます。

そうなると黒猫/ヤイア/サラーサ/オクトーになりますが、ヤイアサラーサの為にオメガ武器を入れる…?となるとう~ん…となりますので、やや編成に食い違いが生じます。

そもそも剣パじゃないならヤイアを外して最終カリオストロの方が良いかもですね。

黒猫/最終カリオストロ/最終サラーサ/最終オクトー。マウントが欲しかったりオクトーかサラーサの片方が居なければ最終アルルメイヤなんかも編成に入れられます。

杖得意が3人居ればオメガは十分採用に足ります。二人だとちょっと悩みどころですが。

土に関してはもうちょっと触って動かしてみる必要がありそうです。

その他の属性について

火と闇の黒猫についてです。

火は渾身スキルを持っていないので、自然と背水編成になりますが、杖パより依然として剣パが猛威を振るっている状況なので、杖オメガの採用はまずないなと。

考えられるのは剣オメガパで主人公のみ黒猫。全体のHPが減ったらブラックチャーム発動。回復はユエル頼み。

なんか意外と悪くなさそうなんですけど、やっぱりオススメ属性は何? となると「火です!!」とは言えないのでこの立ち位置にしました。

同様に闇パも、1ターン目からゾーイのコンジャクションでHPを減らしてすぐブラックチャームを撃てば結構背水も活かせるんじゃないかなぁって思います。

ただ闇はどうにも、杖得意キャラそんなに優秀か…? どうしても剣得意に見劣りしてしまいますから、オメガ杖の採用はできないかなと。

そうなると火同様、オメガ剣パに主人公黒猫になるのかなぁなんて漠然と考えています。

そのうち数本目のルナティックブルームが出来た際にはやってみたいですけどね。



第2スキル考察

  • 英勇のエンブレム……奥義ゲージ上昇量UP(20%/主人公のみ)
  • 天聖のエンブレム……自分以外の味方から回復や強化アビリティを受けた時MPを1回復
  • 魔獄のエンブレム……ブラックチャーム状態の時、味方全体に再生効果(1T/150)

個人的には英勇をオススメ。

一見、天聖のエンブレムのMP回復は悪くないように見えますが、ルナティックブルーム黒猫はMP管理が容易で、MPに関してはこれ以上底上げをする必要がないように感じました。

魔獄のエンブレムは1T150回復と、しょっぱい数値ですがセワスチアン(SR)と組み合わせると毎ターン300回復するので、渾身維持の一助にはなります。

英勇だと目に見えて奥義ゲージの貯まり方が増えるので、ムーンライトで奥義ゲージをMPに変換しても、すぐに奥義が撃てます。

黒猫は奥義火力が非常に高いため、奥義を回しやすくする英勇を推します。

ルナティックブルーム黒猫道士(光)の使用感や動き方

FREEアビリティについて

3枠にどのアビリティを入れて運用するか。

バフを掛けつつ奥義を撃つ動き方なら「ムーンライト」は必須です。

光パで防御下限を目指すなら「ミゼラブルミスト」+「光クラリス2アビ」か「ミゼラブルミスト」+「ソーン2アビ」+「アルベールorレフィーエの属性DOWN」がベター。

「ミゼラブルミスト」も大体入ってきますね。

残り1枠は自由に設置しましょう。古戦場100HELLなら特殊行動の間隔を広げるのにグラビティが有効なのでそれでも良いでしょうし。

「テネブラエ」と「スペシャルボム」は正直微妙。

私は古戦場時、ブラックチャーム/ムーンライト/ミゼラブルミスト/グラビティで行きました。

バフを掛けつつ奥義を撃つ動き方
  • ①:ムーンライト(MP補給)→ブラックチャーム(バフ)
  • ②-A:MP3以下でムーンライト(MP補給)
  • ②-B:MP4以上で奥義(MP5になる)
  • ④:奥義後、1T~2T目の間にムーンライトでMP補給(弱体化防止)
  • ⑤:以降②~④の繰り返し

かなり簡易的にまとめました。大体こんな感じ。

黒猫道士の使用感

文字だけだとなんですので、古戦場90HELLの動画をどうぞ。

使用感としては、やはりブラックチャーム状態(攻撃30%/防御80%/DA70%/TA10~15%/弱体耐性50%UP)がほんと強い。

長時間動画録りたくないので90HELLを相手にしましたが、本領発揮は100HELLソロ。

被弾を抑えつつ、渾身維持も楽になるんじゃないでしょうか。

光マグナは連撃率が課題ですが、それも解決。

賢者の時点でバフは強力でしたが、代わりに主人公の奥義を封印せざるをえなかった環境だったものの、黒猫では気軽に奥義が撃てて且つ倍率も高いという、とんでもないポテンシャルを秘めたジョブです。

ジョブの役割が重要になる高難度マルチに持ち込むのは難しいかもしれませんが、古戦場100HELLなどソロで討伐する相手では今後も有効だと思われます。

関連記事



スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大