【第35回古戦場】ブックメーカー推移配当【2018/01】

ここは推移と配当の記録。
推移に関してはとある御方の推移を引用させて頂きました。(許可も頂きました)
それに加え、配当を載せておくことで何らかの傾向が見えてきたらいいな、と思っています。

今回からマッチングの仕様に変更があったのではないか? と話題に上がりました。いわゆるサイレント修整というやつです。

これが今後ブックメーカーにどう影響してくるのか見ものです。

※第34回の推移は誤って削除しました。

・1月1戦目 順位EWN 配当97

低配当。推移を見ても美味しそうになかった。

・1月2戦目 順位ESN 配当88

1日目同様、1位がほぼ確定しているので低配当。

・1月3戦目 順位ENS 配当95

締め切り直前、EがNを抜きそうな上昇傾向が見られたが最終的に抜けずに終了。どちらにせよN頭にしてもE頭にしてもあまり美味しい配当ではなかった。

・1月4戦目 順位ENS 配当228

E頭確定で残り3チームどう転ぶかを予想する日。Nが頭で固定できる分、やや狙いやすいが配当もやや控えめ。リスクに見合った配当だと思う。

・1月5戦目 順位SEW ★配当438

高配当。締め切り前S頭確定で2~3位争いなので4日目と類似した推移。

高配当になった理由としては3チームの中でドベだったEがトップに上がったことと、3チームが拮抗していたことで予想先が分散したことが挙がる。

EがSを超えたら配当が物凄いことになったが流石に57億差を捲くるのは無理だった。

50億差以上はほとんど捲くれないという考えはまだ通用するかも…?

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大