【第26回古戦場】ブックメーカー考察2戦目【2016/12】

12月2戦目 順位ESW 配当340

そこそこの配当。ここくらいをピンポイントで当てられるようになりたいですね。

[考察]
推移から、ENW共に締め切り前時点で下降気味です。
ここからぐったりと全チーム下がっていくパターンと予想。
ここでS頭と決め付け。

次に1戦目(順位SNW)の各チームの実力さを考慮してSENと予想。
配当は少ないので当たってもリターンは低く、外したら痛いので1枚だけ賭けました。

【結果】

残念ながら外してしまいました。しかも配当340といったらそこそこですからね。
外した時こそ反省が必要です。推移を改めてみて思ったことは、

・Eが締め切り前下降気味ではあったが、朝から締め切りまで全て上昇傾向
・Eは巻き上げ力高いので今後のベッティングに大きく左右する

これをもっと予想に組み込むべきでした。
当初の目論見どおり締め切り後ぐったりと落ちて行ったところまでは予想が当たっていたのですが、その後の巻き返しまでは予想できませんでした。
Eは締め切り前時点でEとSに4億差しかなかったため、締め切り後落ちても捲くれる可能性もあるということです。
もちろん締め切り後落ちずそのまま上がればすぐに抜かせる差ですし。

とはいえNとWの予想が結構難しかったのでSE○が決まっていても最後のNかWかで落した人もいるかもしれませんね。
だからこそ配当340。納得の配当だと思います。

今回の収穫はもう1つありまして。
締め切り前SとEで4億差、締め切り後SとEで7億差。つまり12月のブックメーカーでは11億差は捲くる可能性が充分以上にあり得るということです。
今までと古戦場の形式が変わったのでまだイマイチ捲ける範囲が分からないんですよね。

古戦場ブックメーカー第2戦 1箇所Bet0/1的中 外れ

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大