【第25回古戦場】ブックメーカー考察1戦目【2016/10】

10月1戦目 順位SNE ★配当590

1戦目から波乱の大穴590石でした。8月、9月とともに最近は初日に全く荒れない日々が続いていたので久しぶりの初日大荒れの古戦場です。自分は8月9月連続して初日に勢いのあるBetをして見事散ったので、10月は警戒して臨んだもののコレですよ!!!

とはいえ初日のブックメーカーは真のギャンブル(各アルファベットの実力が分かっていないため、伸びるか分からないため)と言われていて、たまたま伸びる時に多くBetして当たるかどうかなので、あまりくよくよしても仕方ありません。

ともかくこの1戦目から次の予想を立てる情報を探りましょう。

上記の推移の締め切り時点(18時前)から得られる情報は
Nが頭
SWが上昇傾向
Eは大したことはない
暫定1位N2位のSの差が56億

の4つが大まかなポイントだと思っています。

ここから選択肢を狭めていきます。
Nが抜かれるかどうか→④の56億差 が情報として使えるのですが、自分は今まで約50億差の大捲くり(アンチラ実装時頃の古戦場でWが起こした)しか体験していなかったので、NはSに抜かれずN頭のBetだと判断。

この時点で6択になりました。次に選択肢を絞るために2着の予想です。

・誰が2着になるか→EWSは団子状態であり上昇傾向であるSとWの一方が2着に上がると判断。

ここで選択肢はNSW NWSになりました。

個人的に賭ける箇所は2つまで、としています。

あまり横に広げすぎても当たった時の配当がでかくとも外れた枚数で割った場合1枚単位で貰える石の数が少なすぎて、現実に戻されるからです。

比較的ピンポイントで穴を当てる喜びを得たい!!

とこんな感じでBet終了。結果は

見事に外れましたね!
なぜ外してくよくよしてないかというと、先ほど書いたとおり今まで「初日大荒れ」の流れが崩れてきていたので、少量しか賭けておらずダメージが少ないことと、最終的なSとNの差から56億差を捲くることもある、という情報が手に入ったからです。

今回の敗戦理由としてはまず
『・Nが抜かれるかどうか→④の56億差』という部分。56億差は捲くれないだろう、50億差までしか捲くったことないのだから、と考えてしまったこと。56億差でも捲くれるだろうと強気にBetするためには、今までに56億差も捲くったことがあるという情報があれば勇気を出してBetすることも可能。今回のこの情報は次回に活かせます。

また、1戦目の傾向から今回の古戦場はまずは安定性はあるが伸びに欠けるN、伸びが強いS、地味にEもノビがあるのでこれも注目できます。Wがふにゃふにゃしてるというのも重要な情報です。

これらの情報を武器に2戦目も頑張っていきましょう。

古戦場ブックメーカー第1戦 2箇所Bet0/2的中 配当ナシ!


スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大