【黄龍30連】王道のシエテ入りメカニック編成 #2

#1に続いて2回目行って来ました。

今回はシエテを入れて、ジョブもエリュシオンからメカニックに変更。

自分の中ではだいぶ編成が固まったかな? という実感はあります。

【第2弾】黄龍M狙い編成・汁チェなし

赤枠で囲った方が最終的に使っていて落ち着きました。

・前回からの変更点

エリュシオン→メカニックに変更……汁チェ1回分に相当する全体奥義ゲージUPが強力なので、バフを撒いて連撃を上げられるエリュシオンより強力。AT中なら少なく見積もって2回はフルチェインをお見舞い出来ます。

メイン武器の奥義「十絶星駆」は味方に奥義枠攻刃20%のバフを掛けますが、奥義枠攻刃バフは今回シエテがいるのであまり有効活用は出来ていません。

シエテ奥義の後、十絶星駆を使ってみたところ、NOEFFECTでした。

メカニックはスキンを変えるとわずかにメカの組み立てが早くなるという小技もあります。

闇カリオストロ→シエテに変更……闇カリもバフが強いのですが、本人の火力不足が見受けられました。そのためシエテに変更。シエテの奥義枠攻刃30%バフはもちろん活躍し、今回は剣光3の全体ウェポンバーストを使う暇もありました。

ただし黄龍は25%時に幻影を貼ります。(参戦者次第で)剣光3のウェポンバーストが丁度その辺りで発動できるので、25%前に撃つか、幻影が落ち着く10%頃、もしくは幻影が剥がれた間を縫って撃ちましょう。

剣光3のウェポンバーストを使用する際、状態異常「ショート」に掛かっていると意味がありませんのでクリアで解除すると良いです。大体その頃には参戦者の奥義やクリアで剥がれていることが多いのですが、念の為にクリアを持っていくと安心です。

AT中も非AT中もバハ4凸発動→次のターンでシヴァと合わせて4チェインが基本戦術になります。

前回に言い忘れていましたが、赤城みりあの「元気のお祈り」はその他枠攻刃10%らしいので他と被る必要もなく、是非サブメンバーに入れたいキャラですね。

・次回への改善点

抜くとしたらシエテ→ルリアになります。

メカニック+AT中なら奥義2回撃てますし、奥義2回撃てれば大体M決まってしまうんですよね。でも非ATに使うならシエテの方が間違いなく良いので、わざわざAT中にやらなくても良い今回の編成で当分固まりそうな気がします。

最後に

今回は安定してMが取れましたが、出た銀天の数は7個。副産物として究竟の証が1枚とグランデ自発素材が金箱からそこそこでました。

まだ四象中ですし、旨味が広がってない気がします。そこそこ良い編成組めた今の内に銀天ウマウマしたいところです。

そのうち1本だけなら…と汁チェをする参戦者が出てくるんじゃないでしょうか。そうなると、流石に汁チェなし編成では太刀打ち出来ないと思います。

といって、こちらも汁チェで対抗すると汁の消費が上がっていく割にはそこまで報酬が美味しくないので、汁チェばかりにもならないと思いますけどね。

正直汁チェが1人居ても安定して準Mを取れれば順位赤箱10~15個は堅いので、汁使うこともないと思います。早く終わるのでそれはそれで有難いと思います。

関連記事



スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大