【編成】ローゼンボーゲンハウンドドッグ【対バハHL】

光パ武器集め進捗も兼ねて、ローゼンボーゲン・クヴィン装備のハウンドドッグ編成のご紹介。

なんでハウンドドッグなの?→ソーンをサブからメインへ引っ張りたいからです。

フェリ持ってないの?→ないです。

・光パ武器編成進捗

こんな感じでシュヴァ剣5本目に突入。

全く自発では落ちませんが、半額期間に種消費して力技で集めていく。

最近モチベの異常低下が激しかったので種が結構余っています。次の半額で、一気にシュヴァ剣編成完成させたいところですね。

召喚石は前から変わりありません。メインシュヴァマグサブアポロン4凸アテナ4凸闇カーバンクル×2。

・キャラ編成(バハHL用)

キャラ編成は火力の高いルシオ・バフ性能の高い出張コルワ・本来DFなら四天を持つのです

が、ハウンドドッグなのでそれはできず、加速手段が一つは欲しいとのことでアーミラ。

サブにはソーンと保険のソフィアを置きました。

これで編成が決まったわけではなく、セルエルリミイオ辺りも入れてみてやってみたいところ。その場合コルワアーミラ辺りと交換になりますが。

・ハウンドドッグのアビリティ

ハウンドドッグのアビリティ編成ですが、ローゼンボーゲンの効果(主人公の弱体成功率UP・奥

義時ピルファーとは別枠の弱体耐性DOWN付与)のおかげで擬似DF役が可能です。ピルファーとは別枠の奥義効果もバトル全体で見れば強力な一手だと思うので、一概に劣化DFとは言えないと思います。

カオスルーダーが出来る事:アンプレディクトによる攻防低下+α、スロウ、連続攻撃UP、ブラインドによる暗闇付与

出来ないこと:弱体耐性DOWN付与、ソーン引っ張り

ハウンドドッグが出来る事:弱体耐性DOWN付与ソーン引っ張り、チャフリリースによる暗闇付与、ミゼラブルミストによる攻防低下

出来ないこと:連続攻撃UP(四天)、スロウ

ローゼンボーゲン持ちハウンドドッグは『カオスルーダーよりワンランク下のデバフ』と『エリュシオンの持ち味弱体耐性DOWN』と『フェリやロザミアなどによるソーン牽引力』を持ち合わせた職業だと思います。

検証したわけじゃありませんが、色々ボーナスが掛かっているカオスよりデバフの成功率は下でしょうし、ミストとグラビティといった最低限のデハフのみで、アンプレディクトのような+αのデバフが付与されません。それにチャフリリースの暗闇効果はブラインドの二個下レベルの効果です。

奥義効果はエリュシオンのソウルピルファーとは別枠なので、あって困るどころかよりデバフ成功率の増加が見込めるので確かな強みですね。

ソーン牽引力についてはロザミア、フェリなどが居れば必要ない部分なので、これらのキャラの有無がローゼンボーゲンを使用するか否かの大きなポイントになると思います。

もしデバフのプロフェッショナルカオスルーダーが居るなら、ハウンドドッグにしかできないトワイライトゾーンを使いたいところですが、バハHLは属性が転々とするので有効なのはHP50%~でしょうね…そう考えると微妙です。

結論

デバフに関しては劣化カオスルーダーだが、DF役には出来ないことも出来る職業それがローゼンボーゲンハウンドドッグだと思います。

要職限定部屋で使えるかどうかは部屋主の理解次第なので、自分が自発の時意外使う気はありませんが。

ちなみにこの編成はM狙いではなく、募集と討伐を円滑にするためのものです。

最近はもうバハHLの自発者増加により中々人集めが難しいというのが現状です。ましてや自分は最終ソーンを持ち合わせていないので更に大変です。

ローゼンボーゲンハウンドドッグなら擬似ダクフェ役を担える上、ソーンを確実に発動できるので募集文にも「ソーン有り」と書けます。早く「最終ソーン有り」と書きたいものです。

果たして未解放ソーンで人集めが円滑になるかどうかはまだ分かりませんが、これ一つで募集と討伐両方共多少円滑になればそれで満足です。

関連記事



スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大