【編成】黒麒麟M狙い編成について云々

リニューアル以前に黒麒麟30連を3回ほどやったのですが、1回目ははなからMなど興味なく、トラブル無く進めば良いと思っていました。

しかし2回目、3回目ともなると欲が出てくるもので、準Mや3位争いをしたいという気になってきます。

今回は自分なりに考えた黒麒麟M狙い編成をご紹介します。

情報が古いので最新の方をリンクしておきます。↓

【第1回】黒麒麟30連【ヒヒイロカネチャンス】

・編成

キャラは奥義ダメUP要員のシエテ。

OD時に反骨付与ができ、なおかつ光属性なので有利補正がかかるヘルエス(水着)。

加速要因のアーミラ……の3体です。

武器石はとにかく攻撃力の高いものを。

Mや準M狙いは汁チェして狙うことが多い(というか周りが汁チェしている中で勝とうと思ったらせざるをえない)ので、汁チェするのであれば加速要因のアーミラも必要はありません。

交代候補としてネモネ、コルワ等が挙げられますが、黒麒麟討伐のタイムが速い場合両者共にロクに役に立たないので注意が必要です。

逆にコルワバフを貼り付けたり、充分に貯めのターン数確保が出来るのであればコルワネモネ採用もアリだと思います。

主人公が義賊なのは勿論ブレアサの存在が全てです。ただしブレアサを発動するにあたり、通常の戦闘ではブレアサ→デュアルでTAを狙うのがセオリーですが、討伐の早い黒麒麟ではその2アビポチも致命傷です。

ヘルエスの反骨も同じく、奥義と合わせて撃つことでアビポチに使う時間が少なくなります。

またM準Mを狙うにあたってフレ石にシヴァを拾えるかどうかは大きな要因です。

AT中であれば、1ターン目からシヴァを発動し奥義チェインすることで威力をぐっと上げられます。

逆に通常攻撃にシヴァを合わせて使っても大したダメージにはなりませんでした。

黒麒麟に限り、シヴァは奥義と合わせて撃ったほうが強いのではないかと考えます。

もちろん他のプレイヤーもシヴァを持ってきているので、戦闘の最中に他人のシヴァとの合体召喚を狙ってみるのもありです。

救援に入った時の理想の動きは以下の通りです。

1.敵にデバフが入るまでレイジやシヴァなどでバフを掛ける。

2.デバフを確認したらフルチェイン。

3.OD状態になったらヘルエス2アビ使用。反骨状態でフルチェイン。

4.ブレイク状態になったら主人公ブレアサ使用でフルチェイン。

5.ひたすら汁チェ。シヴァ合体召喚が狙えそうなら狙う。

ex.速攻で討伐されないのであればブレアサや反骨は通常の使い方を。

これはあくまで他に汁チェしてまでMを取りたい競争相手が居る時に限りますが、黒麒麟のM箱を取りたい場合に汁をケチるくらいならMは狙わなくて良いと思います。

もったいぶって中途半端に汁チェしていると3位に入れず汁モッタイナーイなんてことも何度かありましたし。

M狙い編成は人によってキャラの持ちようも違いますし、状況によって入ってくるキャラは変わってくるでしょう。

絶対にこれ! という答えはないので、参考の一つとして留めて置く程度が一番良いと思います。

関連記事



スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大