【麻痺編成】アヌビスHL 麻痺・延長編成

  • 闇プシュケーを大量に集めなくてはならない
  • 有用な武器であるヘルマニビスを入手したい
  • 団栄誉を集めたい

そんな時、麻痺・延長アヌビス連戦が光ります。

アヌビスはHPも多く(?)、普通に戦うと結構時間も掛かります。

また短い間隔で特殊行動を撃ってくるのでダメージも中々キツイ相手です。更に光属性カットも付与してくるので、ディスペルがないと非常にマズイ相手でもあります。

正直プロメテウスやギルガメッシュは麻痺役がいなくとも、容易に倒せるマルチですが、アヌビスに関して言えば麻痺延長があると快適です。

今回は特に自分が使用している麻痺・延長編成をご紹介します。

アヌビスHL 麻痺・延長編成 一例

【必要なもの(赤枠)】

ドミニオンハープ:奥義時弱体耐性5%DOWN

楽器ピルファー:弱体耐性30%DOWN

最終ソーン:麻痺・延長キャラ

水ユエル:1アビ弱体成功率20%UP

召喚石トール:召喚枠弱体耐性20%DOWN

【備考】

セルエルは奥義ゲージ加速+マウント持ちなので、展開しておくとアヌビスの特殊攻撃を受けても安心。

召喚石ロボミは、万が一光属性カットが付与されてしまった時のディスペル枠。

闇鞄や3凸ゴッドガードは、倒し切れなかった時にあると便利。

ユエルを持っていない場合、代わりとしてはリミロゼ(奥義時弱体成功率20%UP)が挙げられる。ただしユエルのようにパーティ全体の連続攻撃UPまでは出来ないため、ユエルの方が強力。

干支キャラのアンチラも良い。

今回の編成では3T目に4チェイン出来るので、コルワのフィル強化は間に合わないためコルワはイマイチ。

アヌビスはソーンにとって有利属性なので、もしかしたらユエルバフの枠がなくとも麻痺が安定する可能性もある。

麻痺・延長の立ち回り

特段の理由がない限り、サポート石はトールを選ぶと麻痺命中が安定します。

もしサポート石にトールがない場合は自前でトールを用意してください。

なおアヌビスはHP75%以降麻痺無効なので、麻痺役が居る時は参戦者に削りすぎないよう伝えましょう。

【1T目】

トール・ピルファー・コールオブアビス・クリアオール・ディプラヴィティ(3T麻痺)・ロイヤルカーテン(マウント)・レグルスグロリア(奥義ゲージ20%UP)で攻撃×2

【3T目】

奥義4チェイン(ドミニオン奥義・ソーンに麻痺バフ付与)

【4T目】

ユエル1アビ「夜天光」(弱体成功率20%UP)+クリンチャー麻痺

【5T目以降】

リロ殴り。奥義を撃つと時間が厳しいので撃たないように。

「二王の諍い」のCTが貯まり次第、ユエル1アビ「夜天光」(弱体成功率20%UP)+「二王の諍い」で麻痺延長

【解説】

コールオブアビス→クリアオールにより奥義ゲージ上昇量DOWNのデバフを消せるので、セルエルのレグルスグロリアと合わせることで、3T目に奥義ゲージが安定して100%になります。

セルエルのマウントのお陰でデバフは弾けますし、ソーンのディプラヴィティが入れば3T麻痺するので精神衛生上楽です。

トール(弱体耐性20%↓)・楽器ピルファー(弱体耐性30%↓)・ドミニオン奥義(弱体耐性5%↓)・ユエル1アビ(弱体成功20%↑)が重なっているので、麻痺も延長も安定して入ります。

ソーンとってアヌビスは有利属性なので麻痺の命中率が良く、ユエル1アビの枠がもしかしたら不要かもしれませんが、とりあえず入れています。

もしサポート石トールを使わない場合は、自前のトールを使うことになります。

トールを1T目から使用しない場合は、ユエル等麻痺補佐キャラがやはり欲しいですね。

最後に

【麻痺編成】麻痺・延長特化編成の解説 で紹介した編成でアヌビス麻痺を担当することも出来るかもしれませんが、アヌビスの特殊攻撃がややメンドクサイのでより早く麻痺を入れられ、更にマウントを貼れるこちらの編成の方がよほど良いと思います。

貢献度もそれなりに稼げますしね。

1T目から主人公とソーンのみ奥義ゲージを100%にし、2T目からクリンチャー麻痺を行う編成も見かけましたが、クリスマスマリーが必要なので自分の手持ちでは出来ませんでした。

2月古戦場は闇有利なので、ヘルマニビス3凸を集めている人が多い時期なのではないでしょうか?

麻痺延長役で3位以内は厳しいので、赤箱は見込めませんが、討伐はかなり快適になるので数をこなして頑張りましょう。

関連記事



スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大